目的に応じた業者選定のポイント

皆さんは、不動産業者を選ぶ時、どんな基準で選んでいますか?

 

会社の規模・情報量の多さ・担当者の人柄…

購入の場合は、取敢えず気になった物件を見に行って、その時の担当者でそのまま決めてしまうケースが殆どでしょうか。

 

 

不動産業者を選ぶ時は、「購入」とか「売却」「賃貸」等の目的に応じて選択するのが良いでしょう。

当事務所でも、お客様のご相談内容に応じて、お手伝い頂く業者さんを選別しています。

 

もちろん、担当者の力量が占める部分も大きいのですが、少しでもお客様の為に良い結果となる様な不動産取引をしようとする場合には、構造的な部分においても、その目的に有利な業者を選定していくことが望ましいのです。

 

詳細なチェックポイントもあるので一概には言えないのですが、

例えば売却をする場合には、規模の大きな不動産流通会社を選定するのが良いでしょう。

宣伝広告に関するスケールメリットがあるからです。(勿論、査定の正確性、売却プランの実行能力など、担当者の力量も大切です。)

 

購入の場合は、会社の規模は殆ど関係ありません。担当者のスキルと経験値が大切です。

・お客様のご希望と現実的な物件のチョイスがきちんと出来るバランス感覚。

・物件の資産価値をしっかりと把握出来るだけの能力。

・法令上の問題や物理的な問題、金銭的な問題をきちんと把握する能力。

・これらの事由に対する解決策の提案能力。

等など、お客様の立場での総合的なコンサルティング能力が要求される事になってきます。

能力の問題ですので、会社の看板はあまり関係有りません。

最低限のツールが揃っているという意味では、会社の看板には意味があるという事になると思います。

 

他にも賃貸の場合は地域密着要素が強い等、不動産の取引の内容によって、必要な実務的な動きや能力等は様々です。

 

 

仕事にでもしない限り、普通はそれ程多くの種類の不動産取引はしません。専門の不動産業者であっても、それぞれ得意とする分野があるものです。当事務所でも複数の不動産業者様と提携しながら、適任と考える業者様に案件を振り分けながら対応しています。

 

それぞれの場面で、適任の業者に依頼をする事が出来ると、不動産取引は安心で円滑なものとなります。