セミナー・講演、執筆等

当事務所では、各種団体のセミナー講師や執筆活動も行なっています。

当事務所のセミナーは、単なる知識の説明にとどまる事なく、実務の事例を踏まえた「使える」知識を提供しております。

当事務所の中心業務であるコンサルティング実務の経験に基づく、「実効性」をコンセプトとするセミナーを、ぜひご利用下さい。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

テーマ


当事務所の業務に関するテーマであれば、基本的に対応させて頂きます。

               (主に不動産、保険に関連する分野)


テーマの詳細につきましては、その都度、主催者様と打ち合わせをさせて頂いております。具体的なテーマが決まっていない企画段階からでも、ご相談下さい。

 

過去のセミナー実績の主なものは、下記にまとめてありますので、ご覧下さい。

不動産関連団体や企業様はもちろん、一般の方々の異業種交流会や勉強会、ゼミ・研修等の目的に応じた内容にてお話させて頂きます。

 

 

また、実務で活躍する提携先の税理士さんやその他の士業の先生方とコラボレーションする「不動産投資」や「相続」「起業」に関するセミナー等も企画可能です。

 

過去の事例としては、住宅ローンを得意とするFPさんと共に住宅購入術のセミナー、提携税理士さんと共に起業をテーマとしたセミナー等を実施しています。

 

また最近では、「保険の見直しのポイント」や「必要な保障内容の考え方」「ライフプランの考え方」等のセミナーもさせて頂いております。

主なセミナー実績

テーマ

内容

主催

備考

新社会人のためのライフプランの考え方 新社会人向けに、ライフプランの考え方と併せて、社会保険制度や所得税の基礎知識を解説。 都内私立大学 様 

令和4年2月〜(複数回)
 

@宅建資格・FP・管理業務主任者資格取得

A不動産ビジネスの概要

B不動産売買の実務

C保険の見直しポイント

D不動産調査のポイント

E企業におけるPCを活用した業務

 

F職業人として必要なこと

@基金訓練・求職者支援等の各種資格取得の為の講師。

A求職者向けの不動産業界の概要の説明

B不動産業界未経験者向けの実務講座

CFPとしての保険の見直し時のポイント解説

D不動産取引における調査のポイントを具体的事例を用いて解説

E不動産・保険業界におけるPC業務の活用例と事務的業務のコツについて解説

F求職者向けに就職やその後の就業に必要となる一般的なスキルについて説明。

大手資格学校 様

平成22年8月〜(複数回)

宅建スキル養成科

不動産ビジネススキル養成科

マンション管理科

パソコンスキル基礎科

求職者支援「職業人講話」

@重説・契約書のチェックポイント

A都心コンパクトマンションの魅力と選び方

B不動産購入時に見落としがちなチェックポイント〜不動産の将来的な資産価値を考える〜

@一般的な記載のされ方を基準として提示した上で、具体的な事例を用いたチェックポイントの解説を行いました。

A当事務所でお勧めする不動産購入パターンの一例として、コンパクトマンションを取り上げました。実際のお客様の事例や、代表自身の購入経験等を元に、具体的な解説を行いました。

B一般の不動産購入術的なお話に加え、投資に限らず、実需の不動産でも「出口戦略」を想定して置く事の重要性をポイントとして解説させて頂きました。(トラストネットワークスが考える不動産購入術の基本をお伝えしました。)

住友不動産販売梶@様

平成23年4月〜(複数回)

住まいのオープンセミナー

相続実務

宅建業者向けの相続実務のポイント。

教材の執筆。

宅地建物取引業協会 様

平成23年1月〜(複数回)

宅建経営塾

FPとして知っておきたい不動産売買の実務

不動産売買の実務を前提とした、FPとして知っておくべき実務知識、及び具体例。

鞄結档tァイナンシャルプランナーズ 様

平成22年11月

継続研修セミナー

@不動産実務講座

A重説・契約書のポイント

@不動産売買の実務を前提とした、FPとして知っておくべき実務知識、及び具体例。

A具体的な重説・契約書を用いたポイント解説

相続支援ネット 様

平成22年1月〜(複数回)

日本FP協会継続教育セミナー

@不動産実務講座

 

A重説・契約書のポイント

 

B不動産の資産価値の考え方

Cデューデリジェンスの考え方の活用

 

 

 

 

 

D不動産に関する相談業務に必要な知識と着眼点

@不動産売買の実務を前提とした、FPとして知っておくべき実務知識、及び具体例。

A具体的な重説・契約書を用いたポイント解説

B査定実務の考え方から出口戦略を見据える不動産の捉え方の解説

C不動産業者が仲介時に行う不動産調査の内容や視点を説明し、FPが不動産に携わる場合にもつべき視点や知識を浮き彫りにして行く。(FPとして不動産と関わる場合の考え方の基本)

D不動産業界の概要を説明し、特に宅建業者との対比によって、FPが取るべき視点や備えて置くべき知識を指摘。

諸々SG 様

平成22年3月〜(複数回)

スタディーグループ勉強会