当事務所は訪問します。

当事務所では、お客様の方で差支えのない限り、基本的には訪問の上で、面談させて頂いております。

「いきなり訪問されても…」という方も当然いらっしゃいますので、この様な場合は、来所なり、ご指定の場所にて面談対応させて頂いております。

 

「ちょっと敬遠されるかも知れない」というリスクを抱えながらも、ご面談を訪問とさせて頂くには、大きな理由があります。

それは、お客様の現状を把握させて頂くという事です。

 

お客様の現在までの暮らしがあった上での、諸々のご希望。という事になるのが普通だと思います。ですから、単に言葉のやりとりでご意向を伺うのみではなく、実際に現状を拝見させて頂く事で、早く・正確にお客様のご意向を認識する事が出来るのです。

この様な事から、可能な限り、訪問するスタンスを取らさせて頂いております。

 

特に不動産の購入場面等では、「広いリビング」「駅から近い物件」「築浅」等、お客様の現状を基準にお話される事が多いです。

例えば

・広いリビングって何畳以上ですか?

・「駅徒歩7分」は駅から近いと感じますか?

・10分歩くとして、商店街を歩く場合と住宅街を歩く場合とでは、体感する時間が違いませんか?

・築10年の建物は、傷み具合はみな均一でしょうか?

お客様の現状を把握させて頂く事で、お客様のご希望・ご感想を想定する事が出来るのです。

 

最大限、お客様のご意向に沿う形でのご提案をするには、現状を拝見させて頂き、その上で希望を伺うのが一番良い手段であると考えておりますので、当事務所では、時間や費用がかかっても、お客様への訪問面談を行っております。